暮らし情報

レシピ 春野菜の冷製スープ

これからの季節にぴったりの冷たいスープのレシピのご紹介です。春キャベツを中心に、ほうれん草、じゃがいもなど、野菜がたっぷり採れる、これだけで大満足のクリーミーなスープ。とろりと喉越しが良く、野菜の甘みがぎゅっと詰まったやさしいおいしさです。今が旬の生のヤングコーンを、素敵に飾ってお楽しみください。
材料
・春キャベツ…1/4個
・じゃがいも…1個
・ほうれん草…60g
・玉ねぎ…100g
・牛乳…100cc
・生クリーム…30cc
・バター…60g
・チキンコンソメ…小さじ2
・塩・コショウ…適量
・水…300cc
作り方

  1. 玉ねぎ、じゃがいもは薄くスライスする。

  2. キャベツ、ほうれん草はざく切りにする。

  3. 鍋にバター、1を入れ、しんなりするまで炒める。

  4. 3に2のキャベツを加えて炒め、しんなりしてきたら、水、塩、コショウ、チキンコンソメを加えて、キャベツが柔らかくなるまで煮詰める。

  5. 4に2のほうれん草を加え煮詰めたら、牛乳を加え、5.6分煮る。

  6. 5のじゃがいもが煮崩れてきたら、ハンドブレンダーまたはジューサーミキサーにかける。※ジューサーミキサーにかける場合は粗熱をとる。

  7. 6を鍋に移し、生クリームを加えてひと煮立ちさせ、味が足りないときは塩、コショウで味を整え、冷蔵庫で冷やしたら完成。 ※野菜の食感が気になる時は、裏ごししましょう!


【生のヤングコーンの食べ方】生のヤングコーンの食べ方生のヤングコーンは、皮のまま魚焼きグリルかオーブンに入れて、皮が焦げるまでしっかり焼く。焼き上がったら、皮をむいて、スープに飾る。ヒゲの部分も食べられます!そのまま食べる場合は、塩、コショウ、オリーブオイルで味つけをする。

※余り物など、他の野菜を使う場合は、同じような色味のものを組み合わせると、おいしくきれいに仕上がります。
レシピ提供
trattoria Luce

owner chef 馬目 光春

契約農家から直接仕入れた旬の野菜をふんだんに使った青果店直営のイタリア料理店。本場イタリアやスペイン、中国など、各国で料理の経験を積んだシェフの美味しいレシピをご紹介します!





●いわき市平字南町71番地 YOSHIDAビル2F-1
●TEL.0246-84-6159
●11:30~14:00/17:30~22:00(LO21:30)
●月曜日定休
http://trattorialuce.net/