暮らし情報

野菜と果物と魚の話&市況情報

市況情報

いわき市場では北海道を中心に、ノルウェーやチリなどから主にフィレーの状態で入荷されています。(フィレーとは半身にされているもののことです)今年、鮭の水揚げ量は昨年と比較し若干増加していますが、市場への入荷数量は減少している状況です。昨年と比較し約5000Kも減っており、国内外関係なく、品薄な状況が続いています。そのため供給が追いつかず、価格も昨年に比べて約2〜3割、高騰しています。

 

●鮭の旬

日本で鮭といえば「白鮭」のことを言います。あまり聞きなじみがない方も多いと思いますが、「秋鮭」と聞けばピンとくる方も多いのではないでしょうか。9〜11月に出回る白鮭のことを「秋鮭」と呼びます。 この時期が「秋鮭」の旬です。産卵前のため身が引き締まり、卵や白子に脂が乗っており絶品で、その分脂分が控えめとなっており、あっさりとした味わいとなっています。

 

●調理方法

「秋鮭」の身は脂が少なくさっぱりとしているため、油やバターを使った調理方法が一般的です。ムニエルやフライなどもおすすめですが、秋鮭の場合、そのまま焼いてしまうと身がパサつきやすいため「ホイル焼き」や「ちゃんちゃん焼き」のような蒸した調理の方がしっとりとした身を味わうことができます。

 
情報提供
いわき中央卸売市場 丸秀水産株式会社




いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL.0246-29-5888(代)
http://maruhide-suisan.co.jp