暮らし情報

野菜と果物と魚の話&市況情報

 

市況情報

牡蠣(真牡蠣)の旬は初秋〜初春です。現在、宮城、広島、兵庫を中心に順調に入荷しています。入荷量は、去年よりも若干下回っていますが、その要因のひとつに、現地での作業員不足が挙げられています。価格(単価)も若干値上げ傾向にあります。採れた産地によっても、大きさや味が違うので、食べ比べするのもいいですね。加熱用を生食で食べると食中毒の原因にもなるので、区別して食べましょう。

 

●栄養たっぷり!健康維持に役立つ食材

牡蠣は海のミルクと呼ばれており、多くの栄養成分を含んでいます。疲労回復や肝臓機能を高めるグリコーゲン、貧血予防に効果がある鉄分や銅などのミネラル、亜鉛なども多く含まれています。またタウリンも多く含んでおり、スタミナ増強、眼の疲れや視力の衰えを回復する効果もあると言われています。

牡蠣は「鮮度」ではなく、育った「海域・環境」で、生食用と加熱用の2種類に分けられています。調理法によって生食用・加熱用を区別しましょう。生食用はそのまま、加熱用はカキフライやかき鍋などでお楽しみください!
情報提供
いわき中央卸売市場 丸秀水産株式会社




いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL.0246-29-5888(代)
http://maruhide-suisan.co.jp