暮らし情報

親父の独り言 『 VOL.66 』

【平成元年、東京下町うまれ。幼少の頃よりタップをはじめ、16才の春 渡辺かずみ(tap)氏に出会い、タップの虜になる。高校卒業とともに、NYへ修行に出る。CHICAGO、L.A、東京にて行われた”Cutting Contest”で、出場した全戦で優勝。10代よりソロ活動を開始。】というプロフィールのタップダンサー「レオナ」さんがリーダーを務めるバンド「濤踏(toutou)[w/板橋文夫(pf)/瀬尾高志(cb)]」が東北ツアーで3/22(日)にいわきにやってきます。

ナント!このツアー、いわきだけトランペットの類家心平さんがスペシャルゲストで参加します!

レオナさんは、自分の頭に鳴る音をタップで実体化する為に、タップシューズと木板の他、鉄板、トタン、鍋蓋、ステンレスボウル等を持ち歩き、そこにあるものを駆使し、ジャズやインプロヴィゼーション界隈のミュージシャンとのライブを中心に活動。

板橋文夫さんは、渡辺貞夫氏、日野皓正氏、森山威男氏、エルビンジョーンズ氏、レイアンダーソン氏等のツアーに参加、チョッパーでグリッサンドで煽りたて疾走するピアノの奏でる音楽は、時に強く、そして時に優しく温かいピアニスト。

瀬尾高志さんは、古くから使用されている羊や牛の腸のガット弦を使用して、太くてニュアンス豊かなベースプレイ、またハーモニクス(倍音)を駆使したアルコ奏法で独自の世界を確立しているコントラバス奏者。

類家心平さんは、現ジャズ・シーンで若手No.1との呼び声も高い実力派、ジャズを題材としたアニメ「坂道のアポロン」の劇中のトランペットを担当するなど、活躍の幅を広げています。

「タップダンス+ピアノ+コントラバス+トランペット」魔法のような息の合い方のアンサンブルを是非体験してください。

2020年2月17日

QUEEN - ライブ情報 ライブごとに会場が変わります

    2020-01/15QUEEN Open Live vol.249

    ●会場/いわき湯本温泉 旅館こいと1F バル ワンパーセンター

    2020-02/19QUEEN Open Live vol.251

    ●会場/まちポレいわき2F
    ●開演 /17:00~
    ●出演者/¥1,000・観客/¥500(+ドリンク代別途)

    2020-02/232/23(日) 今西太一 BLUES DRIVER 澤田裕司 還暦祝Live

    ●会場/いわき湯本温泉 旅館こいと1F バル ワンパーセンター
    ●開場/13:00
    ●開演/13:30
    ●料金/¥3,500(ドリンク別)
    【出演】 今西太一、ガスケッツ&澤田裕司

    2020-03/22濤踏 東北ツアー

    ●会場/いわき湯本温泉 旅館こいと1F バル ワンパーセンター
    ●開場/14:00
    ●開演/14:30
    ●前売/¥4,000(ドリンク別)
    【出演】タップダンス:レオナ、ピアノ:板橋文夫、コントラバス:瀬尾高志
    【スペシャルゲスト】トランペット:類家心平

    2020-04/19GOH 黒澤豪 from LA

    ●会場/まちポレいわき
    ●開場/14:00
    ●開演/14:30
    ●料金/¥3,500(1ドリンク付)

    ロサンゼルス在住で日本生まれアメリカ育ちのGOH(Goh Kurosawa/黒澤豪) は、世界を舞台に独自の新鮮な音世界と音色彩情景を演奏/作曲しつつ、さらに国々で愛される歌を感情的にアレンジし続けるギタリスト。米国西海岸を拠点に2005年よりツアー活動を開始。世界各地のさまざまなイベントやフェス(ミュージック、芸術、ダンス、スクール、コミュニティセンターなど)に出演してきているGohは、ロサンゼルスで音と絵のライブであるブリリアント・ストリングス(Brilliant Strings)を制作し、大学や小・中・高等学校でギター・ワークショップと音楽セミナーを教え、シアトルやポートランドの周辺を頻繁に訪れる中、日本全国ツアーのため毎年ふるさとに帰国している。

※ドリンクは別料金(¥500)となります。当日券は¥500アップとなりますので前売り券をおすすめします。