暮らし情報

生産者を訪ねました(Vol.151)

「野菜や花、料理を作るのも好き」
季節の野菜と花、自家製の漬物作りに励む
大平ツネ子さんは、家業だった農家を継いで50年以上になります。きゅうりやかぼちゃ、しそ、さつまいもなど、少量多品目の旬の野菜と花の栽培に取り組んでいるベテランです。今の時期はフキや玉ねぎ、ブロッコリー、スナップエンドウなどの野菜と、アスター、矢車草などの花も栽培しています。

今が最盛期のフキは、キク科フキ属の多年草。日本原産で近縁種の少ない野菜の一つです。特有の香りと苦みのあるみずみずしい早生フキと、香りが良く、苦味が少なめでやわらかな水フキの2種類の品種を栽培しています。湿気が多い土質が適していることや、肥料をたっぷり与えていることで、柔らかく、煮ても炒めても美味しい元気なフキが、今年も豊かに育ちました。朝採りの新鮮なフキは、新鮮やさい館平窪店と谷川瀬店に届けています。

「野菜や花を育てるのも、誰かに料理を作ってあげるのも好き」と話す大平さん。毎年楽しみに待っている人がいる、自家製のたくわんと梅干しも評判です。自家栽培した大根、梅、しそを使い、化学調味料など余計なものを加えず手作りしている、昔ながらのおふくろの味。こちらもぜひお楽しみに!
大平 ツネ子さん
●いわき市小川町塩田字